スポンサードリンク


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/10-fb53d3d4

    -件のトラックバック

    -件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    <短期合格> 500時間で米国公認会計士(USCPA)に合格する方法サイトトップ >未分類 >>US.CPAと転職 <監査法人編>

    US.CPAと転職 <監査法人編>

    こんばんは。

    今回はUSCPAと転職の監査法人編です。


    ■監査法人 

     監査法人への転職を目指すUS.CPAホルダーは多いかと思います。

     監査法人への転職でUS.CPAが武器になるかと問われれば、
     
     コンサルティングファームと同様、時代背景に依存する、というのが答えになります。


     J-SOXやIFRS対応のような特需があれば 監査法人への転職の武器になるかと思います。

     しかし、現在は国内の会計士が増え過ぎた結果、国内の会計士でさえ就職難の事態です。

     そのためUS.CPAにとって監査法人への転職の敷居が高くなっていることは事実です。


     また昨今の経済情勢によりクライアントは監査法に対して監査費用の減額を求めています。

     それによって監査法人自身もコスト減を求めて人員削減に着手しています。


     監査法人への転職はこのような、法律改正や経済情勢により大きな影響を受けます。


     また監査法人の採用は監査業務の場合、「何年監査をやったか?」が重要になります。

     極論すれば海千山千のビジネスマンでも、監査経験がなければ転職後は「監査一年生」と

     見られて新卒の年収で採用されることもあります。


     また一般的に日本の公認会計士に比べてUS.CPAは取得が簡単なため、

     あまり優秀ではない方が多いのも事実です。


     そして当然、日本での監査にUS.CPAはサイン権をもっていませんので、

     どうしても社内で「軽く」見られます。


     アドバイザリーを志望するならばその限りではないですが、

     US.CPAを武器に監査を志望するならば監査法人への転職は慎重になった方がよいかと思います。


     TOPページはこちら500時間でUS.CPA取得
    スポンサーサイト


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/10-fb53d3d4

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    フリーエリア1

    フリーエリア2

    フリーエリア3

    プロフィール

    PASS USCPA

    Author:PASS USCPA
    アメリカ駐在中にUS.CPAの勉強を始めて
    500時間程度の勉強で合格することが出来ました。

    US.CPAで得た知識は広範で汎用的なものが多く
    実務に非常に役立ってます。

    US.CPA取得の目的は多種多様だと思いますが、
    取得を目指している方の参考になれば幸いです。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア4

    シマンテックストア
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。