スポンサードリンク


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/11-0ec15e4a

    -件のトラックバック

    -件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    USCPAと転職 <金融編>

    こんばんは。

    今回はUSCPAと転職の金融編です。


    ■金融

     USCPAの取得者で金融業界に勤める方は非常に多いです。

     USCPA取得で身に付くスキルと実務の親和性が高いためと考えられます。


     金融業界未経験でも、USCPAを取得しているということは「ある程度財務諸表が読める」

     「ある程度管理会計を理解している」「ファイナンスの基礎が分かる」と採用者側から

     理解されるため、20代だったらポテンシャル+αで採用されることがあります。


     しかし、転職で最も重要視されるのは「過去の実務経験」です。

     特に金融業界はその傾向が顕著と考えられます。


     そのため、20代のうちはポテンシャルで採用されることがあるかと思いますが、

     30代の方になるとUSCPAを持っていても未経験では金融業界への転職は

     厳しいと思います。


     しかし、多くの金融機関が採用を抑制した時期があり、それが1997年~2005年でした。

     社員の人口構成ピラミッドを見るとこの時期だけ極端に社員数が少なく、

     いびつな形をしています。


     つまりこの時期に卒業された方々は相対的に「人材の希少価値が高い」ため採用されやすくなる
     
     傾向があると思います。


     USCPAを取得して、上記時期の大学卒業者、なんらかの金融業界との親和性の

     ある業務で高い業績を残してきた方ならば30代でも採用の希望はあるかと思います。

     
     TOPページはこちら 500時間でUS.CPA取得
    スポンサーサイト


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/11-0ec15e4a

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    フリーエリア1

    フリーエリア2

    フリーエリア3

    プロフィール

    PASS USCPA

    Author:PASS USCPA
    アメリカ駐在中にUS.CPAの勉強を始めて
    500時間程度の勉強で合格することが出来ました。

    US.CPAで得た知識は広範で汎用的なものが多く
    実務に非常に役立ってます。

    US.CPA取得の目的は多種多様だと思いますが、
    取得を目指している方の参考になれば幸いです。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア4

    シマンテックストア
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。