スポンサードリンク


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/12-ac782ddb

    -件のトラックバック

    -件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    <短期合格> 500時間で米国公認会計士(USCPA)に合格する方法サイトトップ >US.CPAと転職 >>USCPAと転職 <外資メーカー編>

    USCPAと転職 <外資メーカー編>

    こんばんは。

    今回はUSCPAと転職の外資メーカーとグローバル日本企業編です。


    ■外資メーカー
     
     外資メーカーに対してはUSCPAは転職の武器になるかと思います。

     GAAPが分かっていることの証明になりますので、Accounting departmentでは

     引き合いは強いと思います。


     しかし、やはり外資メーカーでも重視されるのは「前職の経験」です。

     結局はUSCPAがあるだけでの転職は難しく、前職で何かしら経理関係の経験を求められるかと思います。

     
     またこれは外資系全般に言えることですが、外資系=世界中を飛び回って仕事をする、という

     イメージを持たれていたら、転職してすぐにそれは幻想だったと気づくことになると思います。


     外資系とは「日本以外に本社を持つ会社(ないしその傘下の会社)」を指します。

     つまり日本にある支社は「グローバルの中のOne of them」に過ぎないのです。


     そのため、多くのグローバル日本企業がそうであるように、駐在に行かせるのは本国の社員

     本社の要職も本国の社員、という現象が起きます。

     出張程度なら日本にいる社員が海外に行くこともあるかと思いますが、本国の社員のような

     先進国に海外駐在してビジネスの一線で活躍する、本国で出世してエリートコースを歩む

     というような姿を望むことは非常に難しいです。


     また、One of themに過ぎないため日本支社の決算がどれだけ良くてもグローバル全体で

     利益が出ていなかったら当然、人切りは発生します。

     
     そして昨今、日本を「アジアの本社拠点」と位置づけていた外資系メーカーが拠点を移転しています。

     その移転先はシンガポールや香港が多く、日本の拠点はどうなるかというと

     その「移転先の支社」という扱いになるため、当然待遇は悪くなります。


     これは日本という市場の魅力が減ってきている(財政問題による増税、人口減少、天災など)ためであり

     所詮、日本にある会社はOne of themなので当然の動きといえます。


     ややUSCPAと転職、というテーマはからは離れてしまいましたが、外資系メーカーに転職される際は

     以上の点にご注意下さい。

     
     TOPページはこちら 500時間でUS.CPA取得
    スポンサーサイト


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/12-ac782ddb

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    フリーエリア1

    フリーエリア2

    フリーエリア3

    プロフィール

    PASS USCPA

    Author:PASS USCPA
    アメリカ駐在中にUS.CPAの勉強を始めて
    500時間程度の勉強で合格することが出来ました。

    US.CPAで得た知識は広範で汎用的なものが多く
    実務に非常に役立ってます。

    US.CPA取得の目的は多種多様だと思いますが、
    取得を目指している方の参考になれば幸いです。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア4

    シマンテックストア
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。