スポンサードリンク


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/14-a8845f71

    -件のトラックバック

    -件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    <短期合格> 500時間で米国公認会計士(USCPA)に合格する方法サイトトップ >US.CPAと転職 >>USCPAと転職 <グローバル日本企業編>

    USCPAと転職 <グローバル日本企業編>

    こんにちは。

    今回はUSCPAと転職の最終回、グローバル日本企業編です。


    ■グローバル日本企業

     グローバル日本企業とは、電機メーカー(SONY、東芝、日立等)、

     自動車メーカー(トヨタ、日産、本田等)、総合商社(三菱商事、三井物産等)といった

     業界に属する企業を指します。


     私は転職後、現在は上記のいずれかの企業に所属しています。

     
     近年、これらの業界でのUSCPAへの求人は底堅いものがあり、USCPAホルダーに対して一定の評価を

     していることは間違いないと思います。


     部門によりますが、経理部門ならば会計リテラシーが高いのでIFRSへの

     取り組みに参画してほしい、事業投資部門ならば会計、ファイナンスをある程度理解

     しているので使い勝手がよさそう、というのが思惑からです。

     なお、英語が話せることは前提になります。

     
     USCPAホルダー=国際的な仕事をしたい人、だと推察すると、

     個人的にはグローバル日本企業がUSCPAホルダーの転職先としてはオススメです。
     
     
     外資系になると前述した通り、海外出張はあるでしょうし、上司が外人というのは普通なので

     英語を使う機会は多いでしょうが、海外駐在のハードルは高くなります。


     グローバルから見たとき、「日本支社」にいる社員をわざわざ膨大なコストをかけて

     本国に駐在させたり、別に国に駐在させるメリットがあまりないからです。


     しかし、グローバル日本企業ならば外資系と逆のことが起こり、本国日本の社員を他国に駐在させる、

     逆に他国の社員を駐在に行かせることはない、となります。


     そのため、USCPAホルダーで英語が喋れる方ならば、相当高い確率で海外駐在が可能です。


     余談ですが、海外駐在に行くと年収は手取りで2倍、額面3倍程度になります。

     (もちろんハードシップが高い地域ならばさらに増えます)


     USCPAの取得に100万円程度かかっても、駐在に1年行けば元が十二分に取れます。

     
     投資対効果という意味では、USCPA取得後に目指すべきはグローバル日本企業と思います。


     TOPページはこちら 500時間でUS.CPA取得
     
     
    スポンサーサイト


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/14-a8845f71

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    フリーエリア1

    フリーエリア2

    フリーエリア3

    プロフィール

    PASS USCPA

    Author:PASS USCPA
    アメリカ駐在中にUS.CPAの勉強を始めて
    500時間程度の勉強で合格することが出来ました。

    US.CPAで得た知識は広範で汎用的なものが多く
    実務に非常に役立ってます。

    US.CPA取得の目的は多種多様だと思いますが、
    取得を目指している方の参考になれば幸いです。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア4

    シマンテックストア
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。