スポンサードリンク


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/16-6e69ebc0

    -件のトラックバック

    -件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    USCPA取得の意義

    こんばんは。

    今回はUSCPAを取得する意味を考えてみたいと思います。


    私がUSCPAの取得を志したのは、特に業務上必要だったわけではなく、

    たまたまアメリカに駐在したから、というのが理由です。


    もう少し詳しく言うと、私は当時MBAの取得を本気で考えて、経営に関する知識を

    バランスよく身につけたいと思ってました。


    MBA取得を考えていた際、幸か不幸か駐在を会社から言い渡され、アメリカに赴任することとなりました。


    MBA取得を一瞬諦めたのですが、USCPAという資格が幅広く経営に関する知識を

    身につけるには手頃な資格ということを知り、勉強を始めました。


    取得した結果、大きな違いはないです。

    ヘッドハンターからの電話が突然増えるわけでもなく、

    取得以前とあまり変わりのない生活を送ってます。


    しかし大きく変わったのはモノの見方です。


    特に、浅いのですがファイナンスや管理会計の知識を得たことで経営的な問題の所在を、

    考える幅が確実に広がりました。


    これは投資案件を評価する際に非常に役立ってます。


    また財務会計の知識を得たことで、今までは何となく見ていたBS、PL、CFの見方がより深くなりました。


    そして税務に関する知識を得たことで経営における税金がいかに重要なものか分かりました。


    私にとってはこのような意義がありました。


    USCPAは「取ってもしょうがない」などと揶揄されます。

    これは転職の武器になるかという視点ではあたらずも遠からずです。


    しかし自身の経営に関する知識を身につけるという意味では

    非常に幅広い知識を得られるので大変ためになるかと思います。


    転職の武器になると変に期待するのではなく、

    自身の自己啓発と位置付けて勉強することがUSCPA取得の意義かと思います。


    TOPページはこちら <短期合格> 500時間で米国公認会計士(USCPA)に合格する方法
    スポンサーサイト


    スポンサードリンク

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://passuscpa.blog.fc2.com/tb.php/16-6e69ebc0

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    フリーエリア1

    フリーエリア2

    フリーエリア3

    プロフィール

    PASS USCPA

    Author:PASS USCPA
    アメリカ駐在中にUS.CPAの勉強を始めて
    500時間程度の勉強で合格することが出来ました。

    US.CPAで得た知識は広範で汎用的なものが多く
    実務に非常に役立ってます。

    US.CPA取得の目的は多種多様だと思いますが、
    取得を目指している方の参考になれば幸いです。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア4

    シマンテックストア
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。